記事一覧

六法全書

借金返済でお困りの方は

借金返済でお困りの方は、任意整理という手段があります。この手続きは、債権者と交渉して減額をしてもらう手続きです。個人では債権者によっては全く相手にしてくれないこともありますので、弁護士に依頼して交渉してもらうのが一般的です。

裁判所

弁護士によって減額が違う

任意整理を弁護士に依頼する場合、弁護士なら誰でも引き受けてくれますが得意不得意がありますので、どれくらい減額できるかまったく違うことがあります。そのため任意整理は、借金問題が得意な弁護士に依頼することです。

ジャッジガベル

専門家の交渉で問題解決

金融業者と交渉することで、借金問題を解決できます。その方法が任意整理です。弁護士または司法書士に相談すれば、交渉から引き直し計算まであらゆるサポートを受けられます。借金が0円になることもあり、1日も早い相談が重要です。

弁護士

借金額を減らしたい

任意整理は、借金を減額して毎月無理のない返済金額にする手続きです。弁護士に依頼をすると、貸金業者からの督促をストップさせ、減額交渉や書類作成など手続きをすべて代行してもらうことができます。和解成立まで待つだけです。

天秤

無料相談を選ぶ

借金の返済が苦しい、だから減額して欲しい、それだけでは貸金業者は対応してくれないです。減額するにはそれだけの根拠が必要です。そこで、任意整理を弁護士に依頼します。弁護士に依頼すれば、過払い金がいくら発生してくれるか調べて減額交渉をしてくれます。

借金問題について

弁護士バッジ

弁護士へ相談しよう

現在の日本では銀行カードローンや消費者金融、クレジットカードのキャッシングなど個人が容易にお金を借りることが出来る環境が整っています。以前は借入にあたっては直接店舗で申し込んだり街頭の無人契約機を利用する必要がありましたが、現在はパソコンやスマホから簡単に申込が出来るようになっています。また、カードローンやキャッシングは保証人や担保も不要で利用できるというメリットがある半面、自制心の足りない人の場合はつい借り過ぎてしまうというデメリットもあります。短期間で計画的に返済できれば金利負担も軽く済みますが、金額が高額となるにつれ金利負担も重くのしかかることとなります。そのため、借入額が膨らんで多重債務状態になってしまうと自力での関西は困難となり、弁護士などの専門家に債務整理を依頼せざるを得なくなります。債務整理には裁判所での手続きが必要となる自己破産や民事再生のほか、個別に債権者に債務の減額を依頼する任意整理という手法があります。任意整理を行いたい場合、個人でカード会社や消費者金融に債務の減額を申し入れても受け入れてもらえないことが一般的です。そのため、任意整理を行うには任意整理の実績が豊富な弁護士に相談をすることが必要となります。借金問題は一人で悩んでいるだけでは決して解決しないので、自力での関西が道筋が立たずに悩んでいるのであれば、勇気を持って弁護士に相談してみることをお勧めします。