記事一覧

借金額を減らしたい

弁護士

減額できる仕組み

任意整理とは、債務整理の手続きのひとつで裁判所を介せずに毎月無理のない返済金額にすることができる手続きです。任意整理のメリットは、貸金業者からの督促を止めることができ、裁判所を介さないので会社や家族など周囲の人に知られずに手続きができる、自己破産のように職業制限がなく、財産も処分せずに維持したまま手続きをすることができます。デメリットとしては、任意整理をした事実は信用情報機関に登録されてしまいますので、今後借入れが難しくなります。減額することができる手続きですが、大幅に減額されるわけではなく、自己破産のように免除されるわけではないのです。そのため、減額された借金を継続して返済をしていくため安定した収入が無いと任意整理をすることはできないです。貸金業者にしてみれば、絶対に応じなければならない手続きでもないので交渉が上手くいかずに和解が成立しないケースもあるのです。和解が成立しないのは、専門家に依頼せず個人で行っている、あまり借金問題に強くない弁護士に依頼しているケースがあります。費用をかけたくないなら個人で行った方がいいのですが、良い条件で和解するためには債務整理に強い弁護士に依頼をすることです。どの弁護士に任意整理を依頼するかによって、どれくらい減額をすることができるかも変わってきます。個人だと貸金業者が相手にしてくれないケースもあります。書類作成等の手続きもすべて代行してくれますので、依頼者は和解成立まで待つだけです。